TEL

肩こり | いわみ整骨院|加古川

〒675-0067 兵庫県加古川市加古川町河原359-7 1階A号
営業時間
079-497-7703
いわみ整骨院|加古川
いわみ整骨院|加古川

肩こり

肩こりは我慢できるからと放置することなく加古川のいわみ整骨院の施術で楽な身体づくりを目指しましょう

肩こりは多くの方が経験する「国民病」ともいえる症状の一つで、我慢できることが多いため特に何のケアもしていないという方も多いのではないでしょうか。また、定期的にマッサージを受けに通っている場合でも、一時的に症状が緩和されてもしばらくすると肩こりの症状があらわれ、「肩こりはこんなもの」とあきらめている方もいらっしゃると思います。加古川のいわみ整骨院では、肩こりも身体のゆがみを整えることで改善を目指すことができると考え、お一人おひとりに合った施術プランをご提案しサポートしております。

肩こりの多くは、血行不良やリンパの流れが滞り筋肉が硬くなった状態ですが、マッサージでほぐしてゆがみを整えることでより高い回復効果を期待することができます。また加古川のいわみ整骨院では、日常生活での姿勢や動きについても悪い癖は改善していただけるようにアドバイスを行ない、自宅で簡単に行なえるストレッチやエクササイズも丁寧にご指導いたします。

肩こりになる原因はお一人おひとりに違いがありますので、加古川のいわみ整骨院では同じ症状の場合でも誰にでも同じ施術内容でご対応するということは行なっておりません。完全フルオーダーでの施術で症状の改善と再発防止を目指しておりますので、これまでに何を試してもどこへ行っても改善されなかった症状でお悩みの方も、加古川のいわみ整骨院までお気軽にご相談ください。

肩こりとは

肩こりは、厚生労働省のまとめた国民生活基礎調査では、男女別の有訴者率が男性では腰痛に次いで第2位、女性では第1位です。このように多くの人が肩こりを自覚し、愁訴として訴えているにも関わらず、肩こりに対する科学的研究はほとんど行われてきていません。また、日本以外の国では肩こりという言葉はなく、肩こりは日本特有の病態なのです。

そもそも、肩こりには明確な定義がなく首から肩甲骨の辺りが、「重苦しい、張っている、痛い、硬くなっている感じ、不快感、違和感、鈍痛、重だるい」等、多様な言い方で表現されます。

肩こりの分類

肩こりには原因疾患が分かっている二次性のものと、原因が分からない一次性のものがあります。一次性の肩こりを原発性肩こり、二次性の肩こりを症候性の肩こりと言います。原発性の肩こりは不良姿勢や精神的な緊張、体型、過労などが原因として考えられます。では二次性(症候性)の肩こりにはどんなものがあるのでしょうか?

整形外科疾患

①頸椎疾患 ②胸郭出口症候群 ③頚肩腕症候群 ④肩関節脱臼、肩鎖関節脱臼などの後遺症 ⑤脊椎の退行性変性 ⑥骨粗鬆症 ⑦椎間板ヘルニア ⑧顎関節症

循環器疾患

①高血圧 ②狭心症 ③心筋梗塞

消化器疾患

①胃の疾患 ②十二指腸の疾患 ③肝臓の疾患 ④膵臓の疾患 ⑤胆嚢の疾患

呼吸器疾患

①胸膜炎 ②肺尖部腫瘍 ③横隔膜腫瘍

脳疾患

①脳内出血 ②脳梗塞 ③片頭痛

眼科系疾患

①遠視、近視 ②眼精疲労

耳鼻科系疾患

①外耳、内耳、中耳の炎症 ②内耳性のめまい ③耳管開放症 ④鼻腔炎、副鼻腔炎

精神神経系疾患

①うつ病 ②心身症

その他

①自律神経失調症 ②貧血

以上のように様々な原疾患によって肩こりは起こります。当然のことながら二次性(症候性)の肩こりの場合、原疾患の施術をしなくては肩こりは治りません。中には命に係わるものもありますので、その場合は一刻も早く専門医を受診することをお勧めします。また必要であれば紹介状を書いた上で病院のご紹介も致します。

一次性(原発性)肩こり

一次性(原発性)肩こりの原因には、自律神経障害説、局所循環障害説、ホルモン異常説など様々な説が報告されていますがどれも明確なエビデンスがなく、決定的な説はありません。また、筋硬度計による、筋硬度を測定した研究がありますが、筋肉が硬くなることが肩こりの原因なのか、肩こりになったから筋肉が硬くなったのかもはっきりしていません。最近の研究で、肩の筋肉が虚血状態になったために溜まった代謝物が肩こりに影響するという研究結果が報告されたり、血流の変化によって、酸素がいきわたらなくなって、肩こりになるという報告もありますが、臨床の場で、肩こりを訴えているお客様すべてに筋肉が硬くなってしまっているかというとそんなことはなく、実際には肩の筋肉は凝り固まっていないにも関わらず肩こりを訴えるお客様も多くいらっしゃいます。先に述べたようにうつ病や心身症のような精神疾患でも肩こりは起こりますが、精神的に過度のストレスや心配事があった時にも肩こりは起こります。肩は私たちの精神状態や健康状態を表しやすい不思議な場所です。勢いのよい時には「肩で風を切る」と言いますし、がっかりした時には「肩を落とす」と言います。責任を果たした時には「肩の荷が下りる」と言います。このように昔から私たちの精神状態が表れやすい場所が肩であるということなのかもしれません。

 日常生活での長時間の同一姿勢や、不良姿勢は肩こりと切っても切れない関係です。日常生活の習慣を改めていくことと、良い姿勢を保つことは、肩こりを改善するには必要不可欠です。そのためには、ストレッチやエクササイズが必要ですが、肩こりの改善のための施術法の中でも運動療法は数少ないエビデンスのある施術法です。薬物療法として経口非ステロイド薬やシップ、また漢方薬などが用いられることがありますが、施術効果には十分なエビデンスがありません。下手をすると逆効果になる場合もあると考えます。物理療法ではホットパックが皮下および深部の血流を増加させ筋硬度を低下させるという報告が出ておりますが、当院では超音波でも同様かそれ以上の効果が期待できると考えており、積極的に施術に取り入れています。

当院ではまず、内臓由来の肩こりでないことをカウンセリングと検査で確認します。もし一次性(症候性)の肩こりが疑われる場合は病院の診察をお勧めします。一次性(症候性)の肩こりの可能性を除外した上で施術を開始いたしますが、施術に関してはエビデンスのある施術法を重視し行います。特に運動療法は数少ないエビデンスのある施術法の1つですが、当院の中で行う施術だけでは限界がありますので、ご自宅や職場でもセルフストレッチやセルフエクササイズを行って頂きます。その場合は分かり易く、丁寧にご指導させて頂きますのでご安心ください。

肩こりに関連する症状一覧

四十肩・五十肩について

肩こりに関するコラム

コラムはこちら